あかしアート情報 データベース あかしアート情報 データベース
旧学校派遣アーティスト
 上塚憲一(チェロ・アンサンブル・エクラ) カミヅカケンイチ チェロアンサンブルエクラ
 
Genre
チェロのアンサンブル
Repertory
チェロアンサンブルの他、ソロや室内楽も可能です。またアンサンブルやオーケストラの指揮も出来ます。 チェロアンサンブルは2重奏から12重奏までフレキシブルにプログラムを組めます。
Necessary
駐車スペース、着替え室、リハーサルお願いします

PR
四半世紀に渡り日本テレマン協会の首席チェロ奏者としてソロ及び通奏低音奏者として活躍。
数少ない斯界のエキスパートとして国内外を問わずその評価はきわめて高く、バロック期〜古典音楽の21世紀的な啓蒙に力を注ぎ「史的整合性を離れない新たな可能性」を常に考えながら、新たな音楽シーンを着実に創造している。
1981年京都市立芸術大学音楽学部卒業。チェロを黒沼俊夫氏、バロックチェロをA.ビルスマ、室内楽をG.ボッセ、S.スタンデイジの各氏に師事。
1991年/1998年に大阪文化祭賞・奨励賞及び第15回神戸灘ライオンズクラブ賞を受賞。
1992年第1回坂井時忠音楽賞を受賞。
現在は、大阪音楽大学准教授、同大学付属音楽院登録講師、兵庫県立西宮高等学校音楽科非常勤講師、明石フィルハーモニー管弦楽団演奏委員、明石フィルハーモニー・ジュニア・オーケストラ常任トレーナー、西宮音楽協会会員。 《チェロ・アンサンブル・エクラ》
2005年3月「小野市うるおい交流館・エクラ」のグランドオープンを期に上塚憲一によって設立されたチェロアンサンブル。人声に近いとされるチェロの音のみによる統一された音色は聴く人に独特の響きと深い感動を与えます。
演奏のニーズに応じて2重奏から12重奏までの編成をフレキシブルに組む事が出来、レパートリーも豊富である。
「エクラ」はフランス語で「輝き」を意味し、関西で活躍するチェロ奏者の輝くアンサンブルと成長して行きたいという願いのもと名称を決定した。

Biography

2005年  3月 「小野市うるおい交流館・エクラ」グランドオープン
2005年10月 兵庫県立美術館ロビーコンサート
2005年11月 奈良県御所市霜月祭
2006年12月 小野市うるおい交流館・エクラ1周年記念
2006年12月 おたまじゃくしとカエルの会 第41回コンサート
2006年12月 洲本市文化体育館 クリスマスコンサート
2007年  2月 明石市西部市民会館しおさいコンサート
2007年  9月 明石市生涯学習センター 9Fホール 新潟県中越沖地震 チャリティーコンサート
2008年11月 白鹿記念酒蔵博物館酒蔵館
2010年  1月 阪神淡路大震災15周年追悼演奏会
2012年  6月 平成24年度アーティスト派遣事業:貴崎小学校
2012年10月 平成24年度 Baby Meets Music あかし
2013年  5月 平成25年度アーティスト派遣事業:和坂小学校
2013年  9月 平成25年度 Baby Meets Music あかし”