あかしアート情報 データベース あかしアート情報 データベース
旧学校派遣アーティスト
 中西史子 ナカニシフミコ
 
Genre
ヤトガ(モンゴル箏)、箏(生田流)
Repertory
1.モンゴル音楽コンサート(ソロまたは合奏)とモンゴルにまつわるお話
2.ヤトガと箏の実演と両者の違いについてのお話
3.演奏体験指導 など
内容については相談に応じます。
Necessary
ヤトガは持参しますが、箏(使用する場合のみ)は主催側で用意をお願いします。

PR
ヤトガ(モンゴル箏)奏者 生田流正派邦楽会准師範
奈良県出身。大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)地域文化学科東アジア地域文化専攻卒。専攻語はモンゴル語。部活動は邦楽部に所属。
在学中より東アジアのツィター属の楽器に関心をもつ。卒業後在モンゴル日本大使館に勤務。その間ヤトガを現地のプロ奏者に師事し、帰国後は東京や関西を中心に演奏活動を開始。
2012年第三回国際馬頭琴フェスティバル(於モンゴル国ウランバートル)にヤトガ奏者と して出演。
同年生田流正派邦楽会准師範取得。現在日本人唯一のヤトガ奏者として、各種イベント・コンサートへの出演や学校公演等、 幅広く活動中。

大学時代に東アジア地域文化学科に所属し、部活動で日本の伝統楽器・箏に触れたことから、アジア各国・地域のツィター属の撥弦楽器に興味をもつようになりました。
現在は日本人唯一のヤトガ(モンゴル箏)奏者として、東京や関西を中心に各種イベント・コンサートへの出演や大学での講演など幅広く活動しています。また最近はヤトガと箏に加え、古箏(中国)の習得にも励んでいます。
ヤトガ演奏はソロだけでなく馬頭琴(モンゴルの代表的な民族楽器)との合奏にも対応できます。大学時代にモンゴル語を専攻し、卒業後モンゴル国に長期滞在していた経験から、モンゴルについての紹介および自分自身の生活エピソードなどを演奏の合間に織り交ぜることも多いです。
その他「ヤトガと箏の比較」といったテーマで講義・実演することもあります。

webサイト