あかしアート情報 イベントニュース

ひとつぶのたね クラシックコンサート~心に残る音楽をあなたに~

ひとつぶのたね」は、聞く人それぞれが演奏を聴き、たったひとつぶのたねでよいので、心の中に音楽の種を植え育ててほしいという願いが込められ、コンサートの題目として名付けられました。
日 時 2018年5月から2019年3月まで、各月1回
場 所 明石市民ホール(〒673-0892 明石市本町1丁目1-32 らぽす5階)
入場料

500円

(4回お越しいただくと、1回の入場料を無料にさせていただきます。)

チケット発売所

明石文化芸術創生財団 ℡078-918-5085 (日月祝休業9:00-17:00)

アワーズホール・明石市立市民会館 ℡078-918-5085 (平日月曜日休館9:00-20:00)

明石市立西部市民会館 ℡078-918-5678 (平日月曜休館9:00-20:00)

主催/共催

ひとつぶのたね栽培委員会/アワーズホール 明石市立市民会館・公益財団法人 明石文化芸術創生財団

(指定管理者 共立・NTTファシリティーズ共同事業体)

お問合せ 明石文化芸術創生財団 ℡078-918-5085

 

 

◆8月11(土) 14:00- 
迎え盆 チェロの木陰で涼む午後~井上康夫チェロコンサート~

出演

井上 康夫 (チェロ)

 兵庫県生まれ。明石市立高丘中学校、兵庫県立明石清水高等学校を経て、相愛大学音楽学部チェロ専攻卒業。ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科修了。チェロを上塚憲一、斎藤建寛、K・ミハリック、A・ヴルーベルの各氏に師事。チェリストとして室内楽やオーケストラを中心に活動を展開している。これまでに大阪フィルハーモニー交響楽団、テレマン室内管弦楽団、群馬交響楽団などのプロオーケストラに客演奏者として多数出演してきた。また相愛大学の卒業生を中心とした室内楽演奏グループ「アンサンブル・ベンジェ・ドブジェ」を結成・主宰し、質の高い演奏と幅広い音楽普及を目標に掲げて数多くの公演を企画・制作してきた(1997~)。

 室内楽分野に於ける主な公演として、ピアノトリオの午後(京都府立府民ホールアルティ、1999)、酒蔵コンサート(神戸酒心館、2007)、音のぬくもり~フルート・チェロ・ピアノの調べ~(サロン・ドゥ・アヴェンヌ、2011)、8人のチェロアンサンブル宇宙(なら100年会館)、相愛チェロファミリー演奏会(いずみホール、2015)などがある。

 相愛オーケストラ講師を経て、現在、大阪芸術大学管弦楽団演奏要員首席チェロ奏者、チェロアンサンブル「エクラ」メンバー、 チェロアンサンブル「SOAI Cello Family」メンバー、室内楽グループ「アンサンブル“ベンジェ・ドブジェ”」代 表、弦楽合奏団「アンサンブル プティ・タ・プティKOBE」指揮者、「明石子午線ウインドオーケストラ」音楽監修・指揮者、中国音楽アンサンブル「天翔楽団」指揮者・芸術総監督、MIKIミュージックサロン梅田チェロ講師。

 

 

岡部 桂永子(ピアノ)

 

「まるごとピアノ」と呼ばれるほど、ピアノと一体になって弾くピアニスト。

3歳よりヤマハ音楽教室でピアノをはじめる。中学では吹奏楽部に所属するなど、幼少期より様々な楽器でのアンサンブルに親しみ、その経験を活かし大学在学中よりそソロ、アンサンブルピアニストとして演奏活動をはじめる。

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。2001年、02年の夏はウィーンに、2003年~2007年までは毎年夏にドイツに渡り、クラウス・シルデ氏のレッスンを受講。2014年、2017年にリサイタルを開催。コンサートでの演奏の他、伴奏ピアニストとしてCDレコーディングにも参加。尾村祐巳子、中村節、山下泰夫、白石光隆の各氏に師事。三木楽器のMIKIミュージックサロン梅田、三宮ピアノ講師。

 

《演奏曲目》

 

ヘンデル     オンブラ・マイ・フ
サン・サーンス  白鳥
ベートーヴェン    チェロ・ソナタ第3番より第1楽章   他

 

 

◆9月8日(土) 14:30-

 
竹中勇太 ファゴットコンサート~ピアノと共に奏でる午後のひと時~

出演

 

竹中 勇太(ファゴット)

 

 兵庫県明石市出身。中学生よりファゴットを始める。京都市立芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程に進学し、2015年に修了。
これまでにファゴットを野崎実果、中野陽一郎に、室内楽を安藤史子、大嶋義実に師事。ローラン・ルフェーブル、ビョルン・グロート、ソフィー・ダルティガロング各氏のマスタークラスを受講。
2013年にドルチェ楽器デビューコンサートに出演。またソリストとしてエウフォニカ管弦楽団と共演(指揮 松井隆司) 。2015年に明石の海峡コンサートに出演。
ファゴットのデュオグループ Ensemble avancer を結成し、アンサンブル活動も進めている。現在、関西を中心にオーケストラや吹奏楽のフリーランス奏者として活躍中。

 

澤田 奈央子(ピアノ)

 

    大阪府出身。京都市立芸術大学卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程を首席で修了、併せて大学院市長賞を受賞。大学院在学中に渡仏し2017年、パリ地方音楽院演奏家課程を審査員満場一致賞賛付きの首席で修了。大学在学中、選抜により定期演奏会、学内リサイタル、卒業演奏会、関西新人演奏会他、数多くの演奏会に出演。また、大阪、パリ、ナンシフォニー音楽祭(フランス)においてソロリサイタルを行う。第15回ショパン国際ピアノコンクールin  Asia大学生部門アジア大会銀賞、第21回ブレスト国際コンクール(フランス)満場一致の一等賞、第5回イスキア国際ピアノコンクール(イタリア)第1位、他多数受賞。平成24,25年度財団法人明治安田クオリティオブライフ文化財団奨学生。10月29日いずみホールにてリサイタルを開催予定(文化庁/日本演奏連盟主催)。
ウェブサイト naokosawada.com

 

《演奏曲目》

 

テレマン       ソナタ へ短調
シューマン    幻想小曲集 作品73
サン=サーンス   ソナタ     他

 

 

◆10月13日(土) 14:00-  
ソロギターの調べ~6弦で紡ぎ出す音の世界旅行~

出演

 

熊谷 朋久(ギター)

 

 神戸を中心に活動するアコースティックギタリスト。
作・編曲、音楽理論を天満俊秀氏に師事。
クラシックギターの演奏法を川上敏男氏に師事。
情感溢れる楽曲を時に優しく、時に力強く、たった1本のギターで風景を描くように紡ぎ出す。
ソロギターを中心に、ギターデュオや他の楽器とのアンサンブルetc.
ジャンルを問わず精力的に活動。
2010年11月にギターデュオAmashin名義で1stアルバム「Beyond Description」リリース。
2011年3月にソロ名義で1stミニアルバム「trip with a guitar」リリース。
2012年9月にソロ名義で2ndミニアルバム「Thinking of You」リリース。
また演奏活動以外にも、テレビ・ラジオ番組のBGMにて自身の楽曲を提供するなど
幅広いジャンルで活動を拡げている。
Website http://www.kumagai-guitar.com/

 

 

演奏曲目》

スペイン民謡   愛のロマンス(映画「禁じられた遊び」より)
タレガ作曲    アルハンブラ宮殿の想い出
ヨーク作曲    サンバースト  など