あかしアート情報 イベントニュース

ひとつぶのたね クラシックコンサート~心に残る音楽をあなたに~

ひとつぶのたね」は、聞く人それぞれが演奏を聴き、たったひとつぶのたねでよいので、心の中に音楽の種を植え育ててほしいという願いが込められ、コンサートの題目として名付けられました。
日 時 2018年5月から2019年3月まで、各月1回
場 所 明石市民ホール(〒673-0892 明石市本町1丁目1-32 らぽす5階)
入場料

500円

(4回お越しいただくと、1回の入場料を無料にさせていただきます。)

チケット発売所

明石文化芸術創生財団 ℡078-918-5085 (日月祝休業9:00-17:00)

アワーズホール・明石市立市民会館 ℡078-918-5085 (平日月曜日休館9:00-20:00)

明石市立西部市民会館 ℡078-918-5678 (平日月曜休館9:00-20:00)

主催/共催

ひとつぶのたね栽培委員会/アワーズホール 明石市立市民会館・公益財団法人 明石文化芸術創生財団

(指定管理者 共立・NTTファシリティーズ共同事業体)

お問合せ 明石文化芸術創生財団 ℡078-918-5085

 

◆1月12日(土) 14:00-  
アクシスチェロ四重奏団 新春コンサート

出演

 

 

アクシスチェロ四重奏団

2018年春、MIKIミュージックサロンのロビーで、普段それぞれ別の場所で活動する個性の異なる四人のチェリストがふと出会い、瞬く間に意気投合してチェロ四重奏団を結成。

自分たちの夢の原点や広がりを見つめる座標軸のような活動をしてゆこうと、意気込みながら練習を重ねてきました。

 

井上 康夫

 

兵庫県生まれ。明石市立高丘中学校、兵庫県立明石清水高等学校を経て、相愛大学音楽学部チェロ専攻卒業。ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科修了。チェロを上塚憲一、斎藤建寛、K・ミハリック、A・ヴルーベルの各氏に師事。チェリストとして室内楽やオーケストラを中心に活動を展開している。
ジャンルを問わず精力的に活動。

これまでに大阪フィルハーモニー交響楽団、テレマン室内管弦楽団、群馬交響楽団などのプロオーケストラに客演奏者として多数出演してきた。

また相愛大学の卒業生を中心とした室内楽演奏グループ「アンサンブル・ベンジェ・ドブジェ」を結成・主宰し、質の高い演奏と幅広い音楽普及を目標に掲げて数多くの公演を企画・制作してきた(1997~)。

相愛オーケストラ講師を経て、現在、大阪芸術大学管弦楽団演奏要員首席チェロ奏者、チェロアンサンブル「エクラ」メンバー、 チェロアンサンブル「SOAI Cello Family」メンバー、室内楽グループ「アンサンブル“ベンジェ・ドブジェ”」代 表、弦楽合奏団「アンサンブル プティ・タ・プティKOBE」指揮者、「明石子午線ウインドオーケストラ」音楽監修・指揮者、中国音楽アンサンブル「天翔楽団」指揮者・芸術総監督、MIKIミュージックサロン梅田チェロ講師。

 

来住 姫乃

 

大阪音楽大学において上塚憲一氏に、そして在学中岩崎 洸、アレクサンダー・ヒュルスホス氏に学ぶ。

2013年ラオスへ行き、現地の子供達に音楽指導をし、現地でコンサート開催に貢献。第33回天の川ほたるまつり(滋賀)のポスターモデルに選ばれ、記念チェロ・リサイタルを開催。

地元である神戸垂水で0さい~のコンサートを企画し、地域活性化にも力を入れている。

これまでに上記各氏のほか、森左介、林俊昭氏に師事。

フリーチェロ奏者として室内楽やオーケストラ、ライブサポート、録音など幅広く活動。

 

川津 由紀

 

夙川学院短期大学 英語英文学科 卒業。

大阪音楽大学短期大学部 器楽専攻卒業。

在学中、ジュニアカレッジアンサンブルコンサートに出演。

卒業後、オーストリアにて短期留学。

Hans Chr.Schweiker氏のマスタークラスを受講。

2013年3月まで大阪音楽大学 管弦打非常勤助手に勤務。

これまでに 竹内良治、上塚憲一、林裕氏に各氏に師事。

現在ミキミュージックサロン梅田にて講師を務め、フリーランス奏者として関西を中心に活動中。

 

浜村 尚子

 

第11回アジアクラシック音楽コンサート優秀賞受賞。第8回関西弦楽コンクール優秀賞受賞。

13歳よりチェロを始める。

チェロを金丸晃子氏、雨田一孝氏に、室内楽をデュオ・ハヤシに師事。

第15回京都フランス音楽アカデミーにてフィリップ・ミュレール氏に師事。

第28回草津夏季国際音楽アカデミー&フェスティヴァルにてタマーシュ・ヴァルガ氏に師事。

2009年秋吉台室内楽セミナーにて藤原真理氏等に師事。

pmsヤマハ大人の音楽教室認定講師。三木楽器、新響楽器、スガナミ楽器で指導。サロンコンサート、パーティ、式典での演奏やCM録音などで活動している。

 

 

《演奏曲目》

ゴルターマン   レリジオーソ

フンジャク    小舞曲

久石譲      おくりびと

◆ 2月9日(土) 14:00-  

frap ファミリーコンサート  ~マリンバとピアノでクラシック!~

 

 

《出演》

 

 

大西 佑果(マリンバ・ヴォーカル)

 

3歳からピアノを始める。9歳から地元の合唱団へ入団し、ウィーン・ハンガリー等海外でのコンサートに出演。

大阪音楽大学器楽学科打楽器専攻卒業。

打楽器を北野徹氏、中西京子氏に師事。

現在アンサンブルグループ「frap」のリーダーを務め、打楽器とボーカルを中心に関西で幅広く活動中。

ボーカルユニットY、他3団体に所属。

 

上地 さやか(マリンバ)

 

6歳よりピアノを習い始め、9歳より打楽器を始める。

高校では伊藤朱美子氏に師事。その後、大阪音楽大学打楽器専攻に入学、小谷康夫氏に師事する。

卒業後に大学の同級生とアンサンブルグループ「frap」を組み、現在活動中。またソロでも演奏活動する他、打楽器を中心に個人指導・吹奏楽指導もしている。

 

屈岡珠実(ピアノ)

 

4歳からピアノを始める。

その後、大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ科へ入学、松本昌敏氏に師事。

現在、(財)ヤマハ音楽振興会 ヤマハ音楽教育システム講師。

地域音楽コーディネーター資格取得。

また、マリンバとピアノによるアンサンブルグループ「frap」のメンバーとして、関西を中心に演奏活動を行なっている

 

《演奏曲目》

エルガー      愛のあいさつ

サン=サーンス   白鳥

ハチャトゥリアン  剣の舞

◆ 3月9日(土) 14:00-  
大塚路子 ピアノリサイタル ~愛・情熱・信念~

 

《出演》

 

大塚路子(ピアノ)

 

5才よりピアノを始める。

明石市立高丘中学校、兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。
1996年、1998年のザルツブルク・モーツァルテウム音楽院夏期講習に参加し、クリストフ・リースケ、セルジオ・ペルティカローリの各氏の指導を受ける。
‘97KACCコンサート、第21回KOBEフレッシュコンサート等、各種演奏会に出演の他、テレマン室内管弦楽団、シュトゥットゥガルト青少年弦楽合奏団、

ソフィア音楽祭コンサートにてブルガリア国立フィルハーモニーと共演する。

香山利子、国屋節子、森川和子、坂本恵子、徳末悦子の各氏に師事。

神戸音楽家協会会員。

 

 

《演奏曲目》

 

W.A.モーツァルト        きらきら星変奏曲 ハ長調 K.265

L.V.ベートーヴェン        ピアノソナタ第23番 Op.57「熱情」

M.グリンカ/M.バラキレフ   ひばり

F.ショパン              ワルツ第10番 Op.69-2 ロ短調

F.ショパン              ワルツ第5番 Op.42 変イ長調

F.リスト            「2つの伝説」より  波を渡るパオラの聖フランチェスコ