財団info 主催イベント

スーパーキッズ・オーケストラ明石公演

 

 

趣  旨

明石の子どもたちに、素晴らしい“スーパーキッズ・オーケストラ”の演奏を鑑賞する機会を提供し、感受性豊かな健やかな明石の子どもたちの成長に寄与します。

 

 

 

 

開催日時

平成31年2月17日(日) 14時開演 (13時半開場)

 

 

 

 

開催場所

明石市立西部市民会館

 

 

 

 

 

出  演

指揮 加藤完二
演奏 スーパーキッズ・オーケストラ

内  容

♪グリー:「ホルベアの時代より」から
♪ホルスト:「セン・ポー組曲」から
♪モリコーネ:ニュー・シネマパラダイス
♪バッハ:シャコンヌ :シャコンヌ  ほか

 

 

スーパーキッズ・オーケストラ(SKO)

 

 スーパーキッズオーケストラは、兵庫県立芸術文化センターのソフト先行事業として2003年より始まった、音楽が大好きな小学生から高校生までの弦楽器によるオーケストラです。全国から集まった仲間達と切磋琢磨して成長する子どもたちは、世界に誇れるキラキラ輝く唯一無二のオーケストラで、芸術文化センターを本拠地に県内での演奏活動、被災地訪問活動などを継続的に行っています。

 

 芸術監督は、兵庫県立芸術文化センターの芸術監督であり、世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が務めており、その佐渡裕が、最も愛情を注いでいるオーケストラが、このスーパーキッズ・オーケストラです。

 

 全国からトップクラスの演奏技術を持つ小学生から高校生までのジュニア演奏家をオーディションし、厳しい選考を通過した未来の演奏家たちは、合同練習や夏合宿そして本番公演を通じて、かけがえのない音楽体験をしていきます。そして、演奏技術を磨くだけでなく、「音楽」ができることの幸せを子どもたちは指揮者と共有しています。

 

 また近年は、東日本大震災や熊本地震など被災地での演奏も、SKO活動の中で大きな位置を占めています。 まだまだ厳しい状況に置かれている現地の様子を目の当たりにすると「音楽は無力だ」という葛藤に襲われる事もありますが、子どもたちはこの活動を通じて、社会の中で自分の役目は何なのか、自分には何ができるのかを考えるようになり、演奏技術以外の部分も年々大きな成長を遂げています。

 

 佐渡裕が率いる「スーパーキッズ・オーケストラ」は、世界で一番輝くオーケストラを目指しています。

 

 明石では、オーケストラの立ち上げ演奏会(明石市民会館)の開催や、平成13年の歩道橋事故から10年目の追悼演奏会(明石市役所)などの縁のあるオーケストラです。

 

 

 

指揮・指導  加 藤 完 二

 

大阪音楽大学器楽専攻科卒業。

ヴァイオリンを東儀幸、尾島綾子に師事。

 

関西ニ期会や関西歌劇団において、朝比奈隆、小泉和裕、手塚幸紀等らのアシスタントを勤める。

 

ルーマニアで行なわれた「第2 回ディヌ・ニクレスク国際指揮者コンクール」において入賞、審査員特別賞を受賞。兵庫県新進芸術家奨励賞、伊丹市芸術家協会新人賞をそれぞれ受賞。

 

大阪音楽大学非常勤講師

 

 

 

入 場 料

大人2,000円  子ども(小学生から高校生)500円  

親子ペア券(大人1人、子ども1人)2,200円    *自由席

 

 

 

 

主  催

兵庫県立芸術文化センター  明石文化芸術創生財団  明石商工会議所  

明石市吹奏楽連盟

 

 

共  催

明石市立市民会館  明石青年会議所

 

 

 

 

後  援

明石市  明石市教育委員会  明石市連合PTA  神戸新聞社

 

 

 

 

協  力

(公財)畑崎財団   明石納税協会  明石市医師会

 

 

 

 

お問合せ先 公益財団法人明石芸術創生財団(TEL 078-918-5085)