財団info 主催イベント 財団info 主催イベント
アーティスト学校派遣この項目のTOPページに戻る

財田 順子
たからだ じゅんこ
artist_dispatch_29_takarada071takarada-2
 
活動内容 創作和紙絵画・日本画・デッサン(鉛筆のみによる精密描写・インクによるクロッキー)・講演
プロフィール 加古川市出身
神戸大学教育学部出身(現、神戸大学発達科学部)
1976年 和紙よる独自の創作活動を開始、その3年後より日本画を始める。
1082年 和紙・新しく考案した手法で創作した抽象画が評価され加古川で市長賞
日本画・明石市展市長賞。県展入選。以後各地で入賞を重ねる。
1987年 創作和紙絵画『彩の会』結成。以後2年に1度ずつ会展を開催。
日本画・兵庫県展で『伊藤文化財団賞』(同88年)89年『神戸新聞社賞』
1988年 和紙・日本手工芸美術協会公募展『会長賞』(同91年) (同93年)
1991年 明石市総合福祉センタータイル壁画『You遊』の原画作成。
1992年 和紙・「世界の国花展」でシリア・アラブ共和国へ花の『バラ』を寄贈。
日本画・明石現代作家展出品開始。以後毎年出品。
1996年 公益社団法人・日本和紙絵画芸術協会公募展『日本和紙絵画大賞』
01年『外務大臣賞』03年『東京新聞社賞』08年『特別奨励賞』など…。
1997年 兵庫県文化団体半どんの会より『及川記念賞』
2004年 明石文化博物館に寄贈(日本画16点・和紙絵画42点、計58点)
2008年 明石市より『文化功労賞』『しおさい賞』(同96)…など。
活動紹介 和紙絵画作家・日本画家として出品活動を続けながら、それぞれの美術を通して
仲間の輪を広げ、創造性のある心豊かな子供たちの育成に役立てたら…と願っています。☆創作和紙絵画。学校・公的福祉コミュニティセンターや厚生会館などで講習講座。
☆デッサン教室。絵画の基礎となる精密描写・インク・クロッキー等
☆気軽にできる抽象画入門。
☆和紙をテーマとした講演。
HP  ————-
担当者 財田 順子
対象 小学校/中学校
公演についての要件 必要に応じて相談
学校負担経費  ————-
備考 できれば水道が使える部屋が良いです。
メニュー例 ・ちぎり絵指導…季節の花・干支・風景その他多種多様のモチーフ作品。
・講演    …和紙とは・新しい和紙絵画の方向性など作品を持参して講演。
・和紙を染める…花ナプキン・一筆箋・マーブル染等。
・小物作り  …和紙などを使って団扇・可愛い壁飾りなど小物作り。
・デッサン指導…対象物をしっかり見て鉛筆だけで描いてみよう。
・自由に絵創り…目を閉じて浮かぶもの。こだわりなく千切って切って自分の
世界を表現。