あかしアート情報 イベントニュース あかしアート情報 イベントニュース
伝統芸能・古典芸能この項目のTOPページに戻る

 

 

第8回筑前琵琶ミニコンサート

琵琶百番 大藪旭晶の小宇宙

 

開催日時

2019年6月23日(日) 開演14:30

 

開催場所

アスピア明石北館8階 学習室803

 

会  費

1000円

内  容

近代琵琶の一つである筑前琵琶は、古くから伝えられてきた盲僧琵琶や薩摩琵琶、さらに三味線音楽の要素を取り入れて、明治時代に筑前博多にて創設されました。大正の終わりごろから昭和の初めにかけて、琵琶は全国的に流行り、明石においても毎週のように演奏が行われていました。

 

筑前琵琶歌の題材は、お伽話から幕末・明治時代までの人物や出来事など多岐にわたっていますが、平家物語を素材としたものが最も多く、およそ80曲あります。

 

100曲の演奏を目指して、年に3~4回の〔琵琶百番 大藪旭晶の小宇宙〕を開催しています。今回はその8回目です。

 

奏者大藪旭晶の演奏は、NHK・FMラジオ『邦楽のひととき』で20数曲が放送されています。

この度の演目は、次の3曲です。

 

1)〈粟津が原〉木曽義仲と乳母子の今井兼平の最期を

  描いた平家物語の巻9「木曽最期」を題材にした曲

 

2)〈月に偲ぶ〉九州大宰府に左遷された、のち天神さんと

  あがめられた菅原道真の心情を詠う

 

3)〈大物の浦〉兄の頼朝に疎んじられ逃避行中の義経は、

  尼崎の大物の浦で静御前と別れ船出するが…

 

主催

 琵琶工房やまのべ → HP

 

お問合せ先

(TEL)078-939-311

(MAIL)biwakobo@poppy.ocn.ne.jp

 

 
hyakuban8