財団info 各種申請 財団info 各種申請

 

 明石文化国際創生財団 

令和3年(2021年)度 文化芸術振興事業助成 

令和3年(2021年)度 文化芸術振興事業助成決定

文化芸術振興活動助成金
申請団体(個人) 事業名
Pieuvre Saxophone Ensemble 明石 DE アンサンブル
井川 愛 おとのパレット~木管五重奏とピアノの響き Vol.2~
音のみちジャズコンサート実行委員会 音のみちジャズコンサート
明石西シンフォニックバンド オンラインコンサート(仮)
AKP(明石ケーナプロジェクト) AKPフォルクローレフェスタ2022
明石吹奏楽団 明石吹奏楽団第41回定期演奏会
めーろープロジェクト 第2回 明石の生んだマエストロ菅原明朗からの「贈り物」
明石伝統芸能協会 第41回 明石伝統芸能協会公演
エンゼルの郷 暮しのいけばな
明石市吟詠連合会 明石市吟詠連合会 第37回吟詠大会
明石市民舞踊文化協会 民舞まつり
特定非営利活動法人多文化センターまんまるあかし ワールドフェスタあかし
明石ペンクラブ 明石ペンクラブ作品集「新明石大門」発行
子ども文化芸術活動助成金
申請団体 事業名
アート企画dosso おやこクラシックコンサート「おはなしと演奏」
明石市いけばな協会 明石市親子いけばな体験教室

 

(1) 文化芸術振興活動助成金

この制度は、市民が文化芸術に触れ親しむ機会を増やし、明石における文化芸術の振興を図ることを目的とするものです。 明石市内で実施される、広く市民を対象として、文化芸術活動に参加、鑑賞できる事業や文化芸術を普及啓発する事業について、その経費の一部を助成します。

 

(2) 子ども文化芸術活動助成金

この制度は、18歳以下の子どもたちが文化芸術に触れ親しむ機会を増やし、明石における文化芸術の振興を図ることを目的とするものです。 明石市内で実施される、18歳以下の子どもを対象とした文化芸術活動の体験事業、鑑賞事業、育成事業について、その経費の一部を助成します。

 

(3) アーティスト活動助成金

この制度は、アーティストの活動によって、明石における文化芸術の振興を図ることを目的とするものです。 明石市内を活動の拠点とするアーティストに対して、文化芸術の新たな分野の開拓や複数分野の融合など新たな魅力の創出等につながる事業について、その経費の一部を助成します。

令和3年(2021年)度財団助成応募要項(PDF)     

令和3年(2021年)度助成金交付要綱 (PDF)  

様式一覧 (word・excel) 

 

 事業実施期間 令和3年5月1日(土) ~ 令和4年3月31日(木)
 申請受付期間

令和3年4月1日(木) ~ 令和3年4月24日(土) 締め切りました

午前10時~午後5時(但し 日曜・月曜・祝日を除きます)
 受  付  場  所

公益財団法人明石文化国際創生財団

〒673-0886 明石市東仲ノ町6-1 アスピア明石北館7階

※提出方法・・・持参(聞き取りにより事業内容について確認します)

※申請書類は返却いたしません。

 

 助 成 対 象 者

次の要件をすべて満たす方が対象です。

(ア) 明石市内に事務所又は活動の拠点がある

(イ) 18歳以上の者5人以上で組織されている団体又は18歳以上の方

(ウ) 定款、規約、会則等を有する(個人の場合を除く。)

  助    成    額

(1)文化芸術振興助成金

助成対象事業経費の3分の1以内とし、10万円を上限とします。


(2)子ども文化芸術活動助成金    (3)アーティスト活動助成金

助成対象事業経費の2分の1以内とし、10万円を上限とします。

 

 助成対象事業

① 明石市内で実施するもので、1団体又は個人につき1年度1事業を対象とします。また、2つ以上の助成金を同時に申請することはできません。

② 参加料は無料もしくは安価であり、事業の目的が当事業と一致していると認められるものとします。

③ 適切な新型コロナウィルス等の感染症対策が講じられているものとします。

④ 各助成金の対象事業は次のとおりとします

  ※ 申請時に選択した助成金から審査により別の助成金に変更する場合があります。

 

文化芸術振興助成金
文化芸術創作発表事業 幅広く広報を行い、市民誰もが参加できる参加型文化芸術イベント ■原則、100人以上収容できる会場での発表事業
文化芸術鑑賞事業 芸術家や芸術団体を招いて鑑賞する事業 ■延べ100人以上が鑑賞できる事業
文化芸術普及啓発事業 文化講演会、セミナーなどの啓発普及事業 ■延べ100人以上を対象とする普及、啓 発事業
子ども文化芸術活動助成金
子ども文化芸術体験事業 満年齢18歳以下の子どもを対象とした文化芸術の体験事業 ■子ども概ね10人以上が体験できる事業
子ども文化芸術鑑賞事業 満年齢18歳以下の子どもを対象とした質の高い文化芸術の鑑賞事業 ■延べ子ども概ね50人以上が鑑賞できる事業
若手アーティスト育成事業 将来有望な18歳以下のアーティスト志望の若者を対象に人材の発掘・養成を目的とした体験型事業 ■年間10回以上開催する体験型事業
アーティスト活動助成金
パイオニア事業 文化芸術の新たな分野の開拓や複数分野の融合など新たな魅力の創出等につながることが顕著な事業

 

 

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。