EVENT NEWSイベントニュース

音楽前のページに戻る

NEWS

ひとつぶのたねクラシックコンサート 50回ありがとう記念特別コンサート「近藤浩志チェロ・コンサート」

趣 旨 市内のクラシックファン層の拡大を図ることを目的に2016年から始めた「ひとつぶのたねクラシックコンサート」が50回目を迎えます。そこで、毎回楽しんでくださる来場者への感謝と、さらにハイレベルなクラシック演奏を市民に提供するため、本演奏会を開催します。
日時/期間

(日程)等

2022年5月7日(土)

おやこコンサート11:00開演(10:30開場)

クラシックコンサート14:00開演(13:30開場)

会 場 明石市立市民会館 中ホール(会場が変更となっておりますのでご注意ください)
出 演

 

近藤 浩志 チェロ

 

幼少より父、近藤修造にピアノ、母、近藤道子に声楽を師事する。
枚方市出身。京都市立堀川高校音楽科、東京藝術大学を経て、パリ・エコール・ノルマル及び仏ブローニュ・音楽院を首席卒業。大阪国際室内楽コンクールをはじめ国内外の多数のコンクールに入賞。松尾学術振興財団音楽賞二年連続大賞受賞。米・カーネギーホールや国連会議場等でのソリストとしての活動をはじめ新日フィルや大阪フィル、ニューヨークフィル等国内外のオーケストラと共演、世界的指揮者ジャン・フルネ氏より「現代第一級のソリスト」の推薦状を受ける。久石譲氏に認められ数多くのジブリ映画の演奏を担当。NHKの夕方クインテットのスコアさんの音も演奏している。久石譲プロデュース「アルカント」 他「この道」「ノスタルジア」の3枚のソロCDをリリース。現在、大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者。アンサンブル・ベガメンバー。大阪音楽大学、神戸女学院大学、大阪芸術大学 各講師。全日本学生音楽コンクール審査員。
安藤信行、上村昇、柳田耕治、堀江泰氏、藤原真里、レーヌ・フラショー、ムスチスラフ・ロストロポーヴィチ各氏に師事。
使用楽器はカラヤンベルリンフィルの黄金時代を支えたE.フィンケ氏がベルリンフィルで終生弾いていた楽器ex Finke J.B.Vuillaume1850年を譲り受け使用している。

 

河合 珠江 ピアノ

 

京都市立芸術大学音楽学部卒業、同大学院修士課程を最優秀で修了し、その後博士課程を修了し博士号を取得した。これまでにソロ・アルバム2枚を含む8枚のCDをリリース。近年は「松平頼則&ドビュッシー練習曲全曲演奏会シリーズ」、「大澤壽人×パリ」、20世紀の作品を集めた「幻想の瞬間」などの公演が好評をえた。演奏のほか、講演や、新聞や雑誌等への執筆も意欲的に行い、これまで中国でのマスタークラス招聘や京都市立芸術大学非常勤講師を務めるなど後進の指導にも力を注いでいる。

演奏曲

≪おやこコンサート≫

久石譲 風のとおり道「となりのトトロ」より

エルガー 愛のあいさつ ほか

 

≪クラシックコンサート≫
サン=サーンス 白鳥

フォーレ 夢のあとに ほか

料 金

≪おやこコンサート≫ 500円

≪クラシックコンサート≫ 1,000円

※いずれも未就学児無料

リンク

(ダウンロード)

予約優先制

3月12日9時~受付開始

予約で満席の場合は、当日に来場されても入場できない場合があります

問合先 明石文化国際創生財団 ℡078-918-5085
主催/共催

ひとつぶのたね栽培委員会/アワーズホール 明石市立市民会館・公益財団法人 明石文化国際創生財団