あかしアート情報 イベントニュース あかしアート情報 イベントニュース
伝統芸能・古典芸能この項目のTOPページに戻る

 

 

令和3年度第24回明石薪能【開催中止】

 

お知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、皆様の安全を考慮し第24回明石薪能は中止とさせていただきます。(2021年9月2日)

なお、チケットの払い戻しは、9月7日(火)より購入された場所で行います。

【払戻期間】

あかし案内所:9月7日~10月2日まで。10月5日からは、明石文化国際創生財団にて対応いたします。

チケットぴあ、明石市立市民会館・西部市民会館、明石文化国際創生財団:9月7日~10月31日まで

【明石文化国際創生財団のアクセス】

JR明石駅より東へ3分「アスピア明石」北館7階(明石市東仲ノ町6-1)

※日曜日、月曜日は休み、火曜日~土曜日9:00~17:00

 

日程

令和3年10月2日(土)16時30分開場 17時30分開演 【中止】

 

場所

兵庫県立明石公園西芝生広場(組立式能舞台)

 

演目

狂言 「伯母が酒」 太郎冠者        善竹 忠亮

能  「田村」   童子・坂上田村麿    上田 貴弘

          旅僧          福王 知登

チケット

 

【開催中止のため払い戻しを行っています。】

一般   :前売 3,000円/当日 3,500円

高校生以下:前売、当日共に 1,000円

 

チケット取扱 あかし案内所(ピオレ明石西館)、明石市立市民会館、西部市民会館、(公財)明石文化国際創生財団(明石市東仲ノ町6-1アスピア明石北館7階)
 

チケットぴあ(Pコード507-183)

※チケットぴあご利用の際には、システム利用料220円、発券手数料110円が必要となります。

 

あらすじ「田村」

春のある日、東国の僧が都に上り桜満開の清水寺を訪れました。そこで箒を持った少年と出会い聞くと、清水寺に仕える花守であると応えます。清水寺の来歴を尋ねる僧に、少年は坂上田村麿〔田村丸〕が建立した謂れを語り、少年が近隣の名所を挙げるうちに日は暮れ、やがて月が花に照り映える春の宵を迎えます。少年は折からの景色を讃えながら舞い遊んでいましたが、「我が行く方を見よ。」と言い捨て、田村麿ゆかりの田村堂という建物に入っていきました。残された僧が夜もすがら、読経していると武者姿の田村麿が在りし日の姿で現れます。田村麿はかつて、鈴鹿山の朝敵(ちょうてき)を討ち国土を安全にせよとの命を受け、軍勢を率いて清水寺の千手観音に参り、その後、見事に賊を討ち果たして平定を成し遂げたと、これも観音のご利益によるものだと述べて、姿を消します。

 

事前講座

「お能を楽しむための会」

※第24回明石薪能は中止となりましたが、講座は開催いたします。

初めての方でもわかりやすく、そして楽しく学べる講座を行います。

日時:①9月4日(土)②9月11日(土)いずれも18:30~20:00

場所:ウィズあかし学習室801(アスピア明石北館8階)

参加料:無料 

申込:申込は締め切りました。ご了承ください。

申込先:(公財)明石文化国際創生財団 明石薪能の会

TEL 078-918-5085 FAX 078-918-5121 Mail:event@accf.or.jp

 

お願い

====お客様へ====

新型コロナの感染拡大に伴い、ご来場の皆さまの安全を考慮し、やむを得ず中止とさせていただきました。

チケットは、購入された場所で払い戻しとなります。ご了承ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ご不明な点はお問合せください。

問合せ先:明石文化国際創生財団 TEL078-918-5085 event@accf.or.jp

 

 

下記の接触追跡アプリをご利用ください。

・新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」

・「兵庫県新型コロナ追跡システム

 

問合せ先

明石薪能の会 事務局(明石文化国際創生財団 内)

〒673-0886明石市東仲ノ町6-1アスピア明石北館7階

TEL:078-918-5085 FAX078-918-5121